刑事事件に関しては刑事事件弁護士ナビがオススメです!

ここでは、刑事事件とはなにか?と刑事事件弁護士ナビの紹介を行います。

「刑事事件を起こしてしまった」、「何かしらの事件に巻き込まれた」、「どの様な流れで、何が行われているのか?」など大変不安になることと思います。

そこで、そもそも刑事事件とはなにか逮捕後どういった流れで進んでいくのかを説明していきます。

1.刑事事件とは?

刑事事件とは犯罪行為をしたと疑われる者(被告人)について、警察や検察などの国の捜査機関が疑わしき者が、犯罪を行ったのかどうか捜査を行い、裁判を行ってから、刑罰を科すかどうかなどについて判断を行う手続のことです。

主な刑事事件は、

1.凶悪犯:殺人、強盗、放火、強姦
2.粗暴犯:暴行、傷害、脅迫、恐喝、凶器準備集合
3.窃盗犯:窃盗
4.知能犯:詐欺、横領(占有離脱物横領を除く。)、偽造、汚職、背任、「公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律」に規定する罪
5.風俗犯:賭博、わいせつ
6.その他の刑法犯:公務執行妨害、住居侵入、逮捕監禁、器物損壊、占有離脱物横領等上記に掲げるもの以外の刑法犯

大きく分けて、以上の6つの項目に分類されます。
この様に、一口に刑事事件と言っても、それぞれ事件の内容は異なります。

その為、刑事事件弁護士ナビは上記の様に、「得意な事件」や「それぞれの地域」で刑事弁護が得意な弁護士を探す事が出来ます。

サイト内では簡単に検索ができ、気軽に電話・メール相談が可能です。
刑事事件弁護士ナビはこちらです!

2.刑事事件と民事事件の違い

刑事事件と民事事件とでは大きく分けて3つの点が異なります。

2.1.当事者の違い

民事事件とは大まかに言えば私人間のトラブルのことを指します。

私人(個人・法人)対私人(個人・法人)という構図になるため、国を代表する検察官対犯罪を疑われている被疑者・被告人という構図の刑事事件とは異なります。

2.2.証明方法の違い

刑事事件、民事事件ともに裁判になった場合は最終的に裁判によって裁判所が判断を下しますが、裁判所の判断に際しての判断材料の証明の程度や証明する当事者に違いがあります。

刑事事件の場合は国(検察官)が被告人の有罪を証明する必要があるため被告人自身が自分の無罪を証明する必要はありません。
民事事件の場合は原告被告双方が、自分の主張を戦わせ主張の正当性を証明させる必要があります。

2.3.和解による解決について

民事事件は、私人間のトラブルが大元のため、当事者双方が合意すれば裁判を起こさずに解決させることができ、裁判期間中でも和解を行い問題を解決することができます。

また裁判所からも和解を勧められるケースが多く存在します。

しかし、刑事事件について、事件を裁判に委ねるかどうかは、検察官によって決められます。

裁判も原則として検察官により行われるため検察官との間で和解をすることはできません。

そのため被害者と加害者の間で和解により解決することは、裁判の前でも後でも、原則行う事はできません。

3.刑事事件のながれ

刑事事件は逮捕、送検、起訴、裁判といった流れで進んでいきます。
以下、逮捕から起訴までの詳細を記載します。

3.1.逮捕

逮捕とは犯罪を犯したと疑われるものに対して、逃亡や証拠隠滅を防止するために強制的に身柄を拘束する行為のことで、基本的には警察、場合によっては一般の人によって行われます。

逮捕後すぐに警察による取り調べが行われ、この捜査時間は48時間以内と決められています。
また逮捕後72時間は原則的に逮捕者の家族であっても面会することができません。

ただし弁護士であればこの期間中であっても面会することが可能です。

一度の面会であれば無料で行ってくれる“当番弁護士”という制度があります。

また刑事事件弁護士ナビのような検索サイトなどを利用して刑事事件に強い弁護士を探し依頼するという方法もあります。

サイト内では簡単に検索ができ、気軽に電話・メール相談が可能です。
刑事事件弁護士ナビはこちらです!

3.2.送検

警察での48時間以内での捜査が終了した後、検察官へと被疑者の身柄が移され拘留されることを送検と言います。

送検後は検察官によって捜査が行われ被疑者が本当に犯罪を犯したのかどうかの判断を行います。

検察での捜査は通常24時間以内と決められていますが場合によって延長されることもあり最大で20日間の拘留延長が可能です。

3.3.起訴

警察での48時間、検察での24時間と最大20日間の拘留を合計した23日間以内に被疑者を起訴するか不起訴にするのかの判断が検察官によってなされます。

起訴とは、検察が裁判所に対して訴えを起こすことで起訴後裁判が行われ刑罰を科すかどうかについて判断がなされます。

23日間の捜査によって被疑者の証拠を固めた上で起訴されるため裁判での有罪率は非常に高く、実際の有罪率は99.9%とも言われています。

そのためこの捜査期間中に被疑者が何を話すかが大きな意味を持つため信頼できる弁護士に依頼し、適切なアドバイスを受けながら捜査を受けることが非常に重要となります。

刑事事件弁護士ナビであればその事件について、適切な弁護士を探す事が可能です。

サイト内では簡単に検索ができ、気軽に電話・メール相談が可能です。
刑事事件弁護士ナビはこちらです!

4.弁護士の役割

刑事事件における弁護士の役割は大きく5つあります。

4.1.被疑者との面会、証拠集め

まず被疑者と面会をおこない事件の内容や現在の取り調べの状況などを把握し、今後の弁護の方針を立てて被疑者に助言します。

起訴前の段階では、弁護士は捜査側の証拠を見ることはできないため、捜査の状況については基本的には被疑者から聞いて情報を得ます。
そのためこの段階で正確に情報を伝えることが重要になります。

また弁護士は事件の現場を確認したり、関係者に話を聞くなどして被疑者に有利な証拠を集めます。

4.2.被害者との交渉

被害者と会うことが可能であれば実際に会って示談交渉を行ったり、被疑者に少しでも有利な事実がないか聞いたりすることがあります。

こちらは当人同士で交渉する事が可能ですが、やはり不安な点は多いと思いますし、弁護士に依頼するのがベターでしょう。

4.3.裁判官との接触

事件の性質などによっては身柄拘束の期間を延長させないように裁判官に請求を行う場合があります。
請求が認められれば拘束期間を短縮できますが、認められる割合は低くなっています。

4.4.検察官との交渉

起訴、不起訴の判断、正式な裁判を請求するか略式の手続きで罰金で済ますかは検察官が判断し行うため、裁判になる可能性があるときは、検察官と交渉して不起訴か罰金刑で済ませられるよう交渉を行います。

4.5.公判での弁護

まず起訴後に保釈が可能な事件の場合は保釈請求を行います。

請求が認められれば身柄の拘束は解かれ一旦自宅に帰ったりすることができます。

裁判においては公判で争われる争点を検証して弁護方針を立て被告人と打ち合わせして裁判に臨みます。

無罪主張の事件では検察側の証拠請求のうち重要なものは書類は不同意にして証人尋問をし、また弁護側で出せる証拠書類や証人を探します。

事実関係を認める事件の場合では検察官の請求する証拠書類に同意した上で関連する書類や証人を出します。
最後に弁論を行い、論告・求刑といった検察官の意見に反論し、被告人に有利な判決を出すよう裁判官を説得できるようすすめていきます。

サイト内では簡単に検索ができ、気軽に電話・メール相談が可能です。
刑事事件弁護士ナビはこちらです!

5.刑事事件弁護士ナビだと刑事弁護に得意な弁護士が直ぐに見つかります

自身が事件を起こしてしまった容疑者として疑われている時や、家族や親族が逮捕・拘留されてしまったら、まず「前科をつけたくない」や「早期に釈放してほしい」であったり「冤罪を晴らしたい」といったことを考えることと思います。

しかしながら、被疑者となってしまった自身では知識や、やり方などの経験は乏しく1人で取り調べや裁判をやり抜くことは非常に困難です。

また家族や友人、知人の方も力になれることはあまり大きくないため、専門家である弁護士に協力してもらうことが重要となってきます。

しかしながら、対象の事件に強い弁護士に頼みたいが、

どの弁護士事務所のどういった弁護士に依頼すればわからない。」、であったり「いくらぐらいの金額が必要なのかがわからない。」といった問題が発生しがちで、

ミスマッチが起こりやすいです
適切な弁護士に依頼できずに苦労した。
自身の予算を大きく超える弁護費用を請求された。

以上の様なミスマッチが起こりやすくなっています。

この様なミスマッチングやアンマッチをなくし、被疑者になってしまった人へ有利に進むよう弁護士を依頼する際には、時間的に余裕がない中ではありますが、「慎重に適切に」弁護士を依頼する必要があります。

現在はインターネットなどを使い弁護士を探すことが容易になってきていますし、刑事事件弁護士ナビのような刑事事件に強い弁護士を検索できるポータルサイトなどもあります。

一口に弁護士と言っても、得意分野がそれぞれ違います。

「刑事弁護を行うのが得意でない」「刑事弁護を行うのを好まない」弁護士が多いのも事実です。

その点、刑事事件弁護士ナビは「刑事事件に特化した弁護士を探す事が出来る」という画期的なものでございます。

サイト内では簡単に検索ができ、気軽に電話・メール相談が可能です。
刑事事件弁護士ナビはこちらです!

刑事事件弁護士ナビは住んでいる地域と相談したい内容から適切な弁護士事務所を検索することができ、電話またはメールで相談を行うことができます。

また、相談料は初回無料の所も多く、複数の事務所と相談を並行して行えて適切な弁護士を探すことができます。

弁護費用に関しても基本的な金額が明記されており依頼する段階でおおよその費用がわかるという点も安心できる点であると言えます。

弁護士が必要な事件を起こさない、巻き込まれないことが一番ですが、もしもの時は刑事事件弁護士ナビを使って見ることをお勧めします。

サイト内では簡単に検索ができ、気軽に電話・メール相談が可能です。

治験モニター募集です!

高額な治験バイトが登録無料で行えます!土日のみ可の募集もあります!

治験モニター募集


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です