【債務整理入門④】弁護士や司法書士などの専門家に任意整理を頼む場合の手順

自分の借金や現在の状況と照らし合わせて行う債務整理の種類と方針を決めたのなら、あとは行動あるのみです。

任意整理の場合は返済者からは特にするべき事はないでしょう。

依頼した弁護士や司法書士の方が各金融業者と和解の交渉を行います。

その交渉で出された条件『最終的な借金・債務の額』『分割払いの具体的な内容(回数、期限、支払い方法)』その他項目を和解契約書と呼ばれる書面に記します。

以降はその和解契約書に従って返済していくこととなります。

『任意整理』で返済を行う場合は原則利息は発生せず、返済した分だけ借金が減っていくことになります。

ですが『個人再生』や、『自己破産』を選んだ場合はそれぞれに指定された資料や書面を裁判所に提出する必要があるので、
返済者側でそれらを準備する必要があります。

個人再生』の場合、再生委員(通常は弁護士が就任します)との面談が必要で、手続き終了後決定された返済計画に従って、
債務を返済していく形となります。

自己破産』の場合は1回以上弁護士と共に裁判所に出頭する必要があり、その他にも管財弁護士と面談することもあります。

手続き終了後は借金・債務の返済は原則として免除・免責されるので、手続きが終わればそれがそのまま債務整理の終了となります。

いかがでしたでしょうか?

債務整理に関しましては、基本的は弁護士や司法書士に依頼すればあとは依頼者が何かする必要は基本的にはないです。
早めに解決したい場合は、早急に依頼すべきでしょう。

次のページで債務整理を行った方々の感想を掲載しますので、よければこれからの参考にしてください。

次ページ⇒【債務整理入門⑤】債務整理を行った方の感想

【債務整理入門③】債務整理の種類とそれぞれのメリット&デメリット⇐前ページ

出会い系・ネットトラブル、債務整理に強い弁護士事務所・法律相談所の一覧はこちらです!

治験モニター募集です!

高額な治験バイトが登録無料で行えます!土日のみ可の募集もあります!

治験モニター募集


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です