【債務整理入門③】債務整理の種類とそれぞれのメリット&デメリット

ここでは債務整理の種類と特徴を記載します。参考にしてください。

1 任意整理

◆特徴

任意整理とは裁判所を通さずに、金融業者との話し合いで借金を整理する手続きのことをいいます。
分かりやすく言うと『将来分の利息発生を停止し、現在残っている元金を3~5年かけて分割払いを確約する』という方法です。

差し押さえではないので、財産を没収されることはありませんし独立行政法人の国立印刷局が発行する『官報』(借金に関する前科記録の様な資料)に載ることもありません。

裁判で言うと前科のつかない示談に相当します。

◆メリット
・将来発生する分の利息がなくなる
・周囲の人にばれる可能性が少ない
・業者からの取り立てやしつこい催促がとまる
・条件次第ではクレジットカードも残すことができる

◆デメリット
・債権者が和解に応じないこともある
・信用情報に事故情報が記入されるため、5年程度新規の借り入れが不可能になる
・過払い金が発生していない場合は元金が減らない

任意整理は、もっともポピュラーな債務整理の方法になります。

2 個人再生

◆特徴

一般例で借金の5分の1を3年から5年にかけて分割払いをすればよいようにする手続きです。

住宅ローンの場合は支払いを継続しながら、それ以外の借金を5分の1に圧縮する『住宅ローン再生』という手段もあり、この場合購入した持ち家を手放さずに手続きが可能です。

ただし自己破産同様に裁判所を通じた手続きを取る必要があるので、前述の『官報』にも掲載されますし、
要件を満たした人でないと認められないため、誰にでも、どんな条件でも可能な債務整理方法というわけではありません。

◆メリット
・ばれずにできる可能性『も』ある
・借金の元金が5分の1、または100万円まで減額が可能
・持ち家を残すことが可能
・取り立てや督促が全てストップする
・借金の原因は問われない。

◆デメリット
・信用情報に事故情報として記載されるので、5~10年新規借り入れは不可能になる
・収入が安定している人間でないと手続きがとれない
・手続きに一定の費用が必要
・一般人が自身で手続きを行うことが難しい
・保証人がいる場合の借金だと保証人に迷惑をかけることになる

個人再生はメリットもデメリットもそれぞれございます。

3 自己破産

◆特徴
どうあっても返済することができないほどの借金額、将来の収入を含め現在の財産を足しても返済を完遂できない状況に使われる方法で「今所有している財産のほとんど全てを差し出すので借金をチャラにしてください」という最終手段でもあります。

残っている借金を0円にすることができる債務整理の一つですが、債権者への影響が大きいため、しっかりとした手順を踏む必要があり、裁判所を通じて処理する必要があります。

『官報』にも載ってしまいますし、差し出す財産には住宅も含まれるので原則不動産なども一切合切放棄するしかありません。

◆メリット
・取り立てや督促が全てストップする
・借金をゼロにできる
・職業や収入が安定していなくても手続きは可能

◆デメリット
・信用情報に事故情報が記載される上に10年間新規借り入れが不可能になる
・20万円以上の財産を含む預貯金を残すことができない
・ばれずに手続きすることはほぼ不可能
・保証人がいる場合、迷惑をかけることは避けられない

やはり自己破産はデメリットも大きいです。ただ、借金でどうにもならない場合はやむ負えない手段かもしれません。

4 過払い金請求

◆特徴
貸し付けを行うにあたっては利息制限法により、金額に応じた上限利息が決められています。

利息制限法の金額に応じた上限利息
・元本が10万円未満の場合は『年利20%まで』
・元本が10万円以上100万円未満の場合は『年利18%まで』
・元本が100万円以上の場合は『年利15%まで』

上記を越えた利息分を返済している場合もそこそこあり、払いすぎた利息分を『過払い金』それを取り戻す手続きを『過払い金請求』と呼びます。

消費者金融のCMがテレビで頻繁に放送されていた頃、これ以上の金利やグレーゾーンの利息を支払っていた人も多く、完済ずみでも期限内であれば取り戻すことが可能です。

◆メリット
・過払いだと判断された分の利息が帰ってくる
・完済ずみの請求であればブラックリストに登録されることはない。

◆デメリット
・返済中に過払い金請求を行った場合債務整理扱いでブラックリストに登録されてしまうことがある(返還されたお金で借金を完済できればブラックリストからは削除される)
・過払い請求をした消費者金融からは再び借り入れることが不可能になる
・期限があり、完済後10年までしか請求することができない

いかがでしたでしょうか?ここでは債務整理の種類とデメリットについて学びました。

どれも一長一短ございます。ご自身のお考えも大事ですし、専門家に相談してみるのも一つの手です。

次のページでは、弁護士や司法書士に依頼した際の手順を解説します。

次のページ⇒【債務整理入門④】弁護士や司法書士などの専門家に任意整理を頼む場合の手順

【債務整理入門②】借金を減らす方法のアレコレ⇐前ページ

出会い系・ネットトラブル、債務整理に強い弁護士事務所・法律相談所の一覧はこちらです!

治験モニター募集です!

高額な治験バイトが登録無料で行えます!土日のみ可の募集もあります!

治験モニター募集


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です